Choshi Fisheries Cooperative Association

Choshi Tsurikimme
Maiwai
銚子の底魚
銚子に水揚げされる底魚
アナゴ
アナゴ底引き網や釣り、底かご漁などで捕れる。
旬は夏ということになっている。
が、県内の漁獲は、晩秋から冬にかけてが最も多く、味も一年を通じて変わらない。
最近は安価な韓国からの輸入物も多数出回っているが、鮮度や味にこだわるならやはり、東京湾や房総半島沿岸でとれた「前浜モノ」だ。

食べる
─ 白焼きも美味 ─
姿同様、食味もウナギに似ているが、やや身が軟らかく、脂分も淡泊。
すしダネでおなじみのうま煮、かば焼きをはじめ、てんぷら、椀(わん)だねと、どう料理してもおいしい。
全般に甘めの味付けが似合う。
もっとも、漁業関係者の中には、一番アナゴらしい食べ方として、網で素焼きしてワサビじょうゆで食べる。
「白焼き」を勧める人も多い。
身が硬くなるので、焼き過ぎは禁物。煮物、蒸し物にする場合は、「骨切り」も必要だ。
下処理は、目打ちして背開きでさばくが、背にぬめりがあり、コツが要る。自信がなければ、鮮魚を店頭でさばいてもらうのが無難。
肌にぬめりが多く弾力性があり、腹部を除いて色が黒っぽいものほど新しい。買うなら体長四十センチ前後のものが手ごろ。それも面倒な向きには、切身も売っている。


Copyright 2008-2016 Choshi Fisheries Cooperative Association. All right reserved. Site Developed by H.Tach.