Choshi Fisheries Cooperative Association

Choshi Tsurikimme
Maiwai
銚子の底魚
銚子に水揚げされる底魚
ヤリイカ
ヤリイカ銚子東方沖の底引き網で取れたものが出盛り。
暖かくなるにつれ、漁場は九十九里から勝浦沖あたりへと移る。
大型で胴長40センチ前後、小型でも20センチと、「背丈」では主流のスルメイカをしのぐ。
鋭くとがった大きな「耳」が名称の由来だが、細身で、ひょろりとした姿からは、名前ほどの勇ましさは感じられない。
しかし、身の柔らかさや奥深い甘みは、イカ仲間でもトップクラス。

食べる
─ 素材生かす刺身 ─
素材の風味を味わうなら、大き目のものを開いて作った、糸づくりの刺し身が一番。
タレは、ワサビじょうゆがぴったりだが、銚子地方では、それに、メスの腹から出した卵を溶き混ぜて食べることもある。
小型のもの、とりわけ卵をはらんだメスは、しょうゆと酒、砂糖を使った丸煮もいい。
大きくなるほど値も張る。だが、小型にも、抱卵中のものにあたるという楽しみがある。
取れたてはほとんど透明に近い。しばらくたつと、体表に赤茶色の模様が浮き出てくる。
さらに時間がたつと、全身の模様が消え、透明感が薄れて、全身が乳白色に濁る。生食なら、透明感の残るうちに調理したい。

おろし方
おろし方胴の中に指を入れ、胴から内臓を抜き取る。
おろし方エンペラと胴の間に指を差し込んで、エンペラをはがす。
皮をむく。
おろし方包丁で胴を開き、軟骨を取り除く。
おろし方胴内の汚れを拭き取り、出来上がり。
ゲソの部分は、内臓と足の付け根を切り離した後、口と目玉を取り除く。
おろし方


Copyright 2008-2016 Choshi Fisheries Cooperative Association. All right reserved. Site Developed by H.Tach.